初心者のためのゲームプログラミング入門

プログラミングとゲームの杜

初心者のためのプログラミング入門 & ゲームプログラムの作り方入門

子どもでもわかるSCRATCH入門

16.メテオパニックゲームを作ろう その5

[ 15.メテオパニックゲームを作ろう その4 ] の続きです。
自機の爆発アニメーションとスコアを入れました。

 

 

1. 隕石の大きさをランダムにする

今は同じ大きさの隕石が降ってきますが、大きさをランダムにしたいと思います。
隕石が発生した時 (クローンで作られた後)、大きさの指定をします。

隕石のスクリプトエリアで作業します。

大きさを乱数で決める

見た目カテゴリから大きさの指定を移動してきます。
演算カテゴリの乱数を、大きさの指定にはめ込みます。
そして、乱数の範囲は 30 から 60 までに変更します。

実行して隕石の大きさがまばらになれば成功です。

 

 

2. 隕石の大きさを徐々に大きくする

先ほど隕石の大きさをランダムにしましたが、ここはゲームらしく
時間が進むごとに隕石が大きくなるように変更したいと思います。

まず大きさを調整する為の変数を作ります。
変数名は拡大、タイプはこのスプライトのみです。

時間が経つごとに大きくする仕組み

拡大変数を作ったらチェックを外して、ステージに表示されないようにします。

 

拡大変数を時間と共に大きくする訳ですが、ここはスコア変数を利用したいと思います。
タイマー機能を使ってもいいのですが、スコア変数でも同じような結果が得られます。
プログラミングのコツとして利用できるものは使いましょう。

利用できるものは利用する

 

データカテゴリから拡大を0にするを持ってきます。
その中に、演算カテゴリの割り算をはめ込みます。
割り算の中に、スコア変数と 20 を入力します。
これはプログラミング言語風に書くと

拡大変数 = スコア変数 / 20

という感じです。スコア変数の20分の1の値が拡大変数に入ります。
ちなみに、プログラミングの世界では割り算を÷ではなく/ (スラッシュ)の記号を
使います。

 

隕石の大きさを拡大変数を使って調整します。
まず、演算カテゴリから足し算を持ってきて、拡大変数 + 30 を入れます。
これが2つ必要なので、右クリックでメニューを出して複製します。

初級プログラミング入門

複製した2つの足し算を、乱数の中に入れます。
2つ目の足し算は 拡大 + 60 に変更します。
これで (拡大+30) から (拡大+60) までの乱数が作られます。

実行してみると隕石が徐々に大きくなっていくのが分かると思います。

 

 

3. タイトルを作る

タイトル画面を作ろうと思います。
方法はいろいろありますが、今回はスプライトを使ってシンプルに作ります。

まず、新規のスプライトを用意します。
新しいスプライトを描くアイコンをクリックして、エディタを開きます。

scratch 新しくスプライトを作る

エディタが開いたら画面の右下にあるベクターに変換をクリックします。
これはベクターモードで絵を描くための操作です。
ベクターモードについてはまた別の機会に説明します。

 

テキストツールを使って、タイトル名を入力します。

scratch コスチュームエディタを使う

 

図形の色ツールを使って、文字の色を変更します。
背景が暗いので文字を水色にします。

scratch 文字の色を変更する

 

選択ツールを使って、文字の大きさを変更します。
選択ツールで文字をクリックすると四角い枠が表示されます。
この枠をドラッグすることで大きさを調整できます。
ちなみに、上に飛び出た丸を使って回転させることも可能です。

scratch 選択ツールの使い方

 

間違えた場合などは、取り消し・やり直しボタンを使いましょう。
エディタの上部中央にボタンはあります。

scratch 取り消し、やり直しボタン

 

ステージの画面で表示位置を調整します。

超かんたんスクラッチ入門

 

 

4. スタートボタンの絵を作る

タイトル画面に必要なスタートボタンの絵を用意します。
手順はタイトルの作成とほぼ同じです。

新しいスプライトを描くアイコンをクリックして、新しいスプライトを作ります。

スクラッチで遊ぼう

エディタが開いたら画面の右下にあるベクターに変換を忘れずにクリックしましょう。

 

まず、ツールバーからテキストツールを選びます。
そして、色を選択し START と入力します。

scratch テキストツールで文字入力する

 

四角形ツールを使って START を四角で囲みます。
画面の左下には枠線を描くか、中塗りの四角で描くかを選択できます。
今回は、左側の枠線 (②の位置) をクリックします。

scratch 四角形ツールを使う

 

四角の位置を調整したい時には、マウスカーソルを四角の中心に移動して
手の形のカーソルにするとドラッグで移動できます。

選択ツールで位置を調整

 

枠線の太さを変えたい時には、左下のスライダーで調整できます。
スライダーを右へ動かすと線が太くなります。

scratch 枠線の太さを調整

 

ステージの画面で表示位置を調整します。

ゲームを作れるようになりたい人向けの講座

 

次回に続きます。