初心者のためのゲームプログラミング入門

プログラミングとゲームの杜

初心者のためのプログラミング入門 & ゲームプログラムの作り方入門

子どもでもわかるSCRATCH入門

13.メテオパニックゲームを作ろう その2

[ 12.メテオパニックゲームを作ろう その1 ] の続きです。
自機 (ロケット) をマウスで左右に移動できるようにしました。
今回は隕石の処理を作ります。

 

 

1. 隕石をバックパックでコピーする

ライブラリーの中に隕石が無いので、自分で作るか他からコピーする必要があります。
今回は他のプロジェクトからコピーして用意したいと思います。

さて、他のプロジェクトからコピーする方法ですがバックパックという機能を使います。
これはとても便利な機能で、コピーしたいものを保存しておくことができます。
スプライト、スクリプト、絵、音をコピーすることができます。

自分のプロジェクト内でのコピーはもちろん、他アカウントからのコピーもできます。

 

それではサインインしている状態で次のプロジェクトを開いて下さい。
(サインインしていないとバックパックは使えません)

メテオパニックゲームの素材

 

プロジェクト編集モードにします。

バックパックの使い方

 

バックパックはページの右下にあります。クリックして開きましょう。

バックパックは他のプロジェクトからコピーするのに便利

開いたエリア内にコピーしたいものをドラッグ&ドロップします。

 

meteorのスプライトをバックパックエリアにコピーします。

バックパックを使ってスプライトをコピーする

 

次にあなたのプロジェクトを開きます。
注:ブラウザ上ですでにページを開いている時は、ページを更新して下さい
そしてバックパックエリアからスプライトエリアにコピーします。

初心者向けの解説

 

 

2. 隕石のクローンを作る

ステージの上から下へ隕石を降らせたい訳ですが、前回のふうせん割りゲームと同じように
隕石のクローンを作って移動させたいと思います。

 

まず、クローンを作る処理です。

敵はクローンで作るのが便利

イベントカテゴリから旗がクリックされたときを移動します。
制御カテゴリからずっと自分自身のクローンを作る1秒待つを移動します。

 

このままでは1秒ごとに隕石が発生します。
ゲームらしくランダム性を入れたいと思います。

隕石の発生をランダムにする

これで 0.3秒から1秒までの間隔で隕石が発生する仕組みができました。

 

 

3. 隕石を移動させる

隕石をクローンした後、ステージの上から下へ移動する仕組みを作ります。

敵をクローンで複製する

制御カテゴリからクローンされたときを移動します。
動きカテゴリからx座標をoo、y座標をooにするを移動します。
y座標はステージの上部と決まってますから 200 と設定しましょう。
x座標は乱数にします。

演算カテゴリから1から10までの乱数をx座標にはめ込み、
-200200 に設定しましょう。

 

続けて移動部分です。

座標を少しずつずらして表示すると移動して見える

制御カテゴリから10回繰り返すを移動します。
回数を 40回にしましょう。

動きカテゴリからy座標を10ずつ変えるを繰り返しの中に入れます。
下向きに移動させたいので-10 (マイナス10) にします。

再び制御カテゴリからこのクローンを削除するを移動します。
これで40回下方向に移動した後で、このスプライトは消滅します。

 

 

4. オリジナルの隕石を隠す

今回の場合、オリジナルとクローンの役割は次のようになっています。

オリジナル ⇒ クローンを発生させる
クローン ⇒ ステージの上から下へ移動する

隕石のスクリプトエリアに、オリジナルの処理とクローンの処理の両方を書いているので
混乱する人もいるかもしれませんが、このスタイルが何かと都合がいいので
このやり方に慣れるようにして下さい。

 

さて、現在のままだとオリジナルの隕石が表示されてしまうので隠します。
そして、オリジナルを隠すとクローンも見えなくなるので、クローンは表示します。

オリジナルは隠してクローンは表示する

オリジナルの隕石は実行直後に隠します。
見た目カテゴリから隠すを移動します。

クローンの隕石は発生座標を決めてから表示するようにします。
見た目カテゴリから表示するを座標設定の下に移動します。

 

それでは実行してみましょう。

画面が表示されない場合はここをクリック

 

次回に続きます。