初心者のためのゲームプログラミング入門

プログラミングとゲームの杜

初心者のためのプログラミング入門 & ゲームプログラムの作り方入門

子どもでもわかるSCRATCH入門

6.Scratch (スクラッチ) の初歩 その1

すごくシンプルなゲームの作り方を説明しようとしても、話が長くなります。
この講座は「プログラミングをしたことの無い人でもゲームが作れるようになる」というのを
目指しているので、細かい所まで説明したくなってしまうのが原因かと。

ゲームの作成から完成までに時間が掛かり過ぎると飽きてくるので悩みました。
そこで今回は初歩的なサンプルを用意しました。

 

 

1. ネコにりんごをあげるプログラム

今回のサンプルです。(音が出ます)

画面が表示されない場合はここをクリック

 

りんごをクリックすると落下して、ネコにあげることができます。
旗アイコンをクリックすれば、何度でも実行できます。

これの作り方を説明します。
読むだけでなく、一緒に作りましょう。

 

 

2. ネコはしゃべるだけ

新しいプロジェクトを作りましょう。作るをクリックして下さい。

プログラミングの初歩

ネコがしていることは、しゃべっているだけです。
初めにしゃべる言葉「りんごをクリックしよう」の部分を作ります。

 

メッセージを変更する

イベントをクリックして旗がクリックされたときを移動します。
次に見た目をクリックしてHelloと言うを下に移動します。

 

スクラッチ プログラミング 使い方

メッセージ内容を変更します。
ダブルクリックすると変更できるようになります。

 

scratch で遊ぼう

ステージの中央にいるネコを下の方に移動しておきましょう。

 

scratch を実行してみよう

ステージ右上の旗アイコンをクリックして実行しましょう。
上の画像のようになれば成功です。

 

 

3. りんごを追加しよう

スプライトを新しく追加する方法は4つあります。
・ライブラリから選択
・自分で描く
・ファイルからアップロードする
・カメラから新しく作る
この中のライブラリから選択という方法でりんごのスプライトを追加します。

ステージの右下あたりを見て下さい。
「新しいスプライト」と書かれた横に4つのアイコンがあります。
このアイコンが上記で説明した追加方法に対応してます。

一番左のアイコンをクリックしましょう。

sratch 新しくスプライトを追加する

 

スプライトライブラリーが開きます。

scratch スプライトの追加の仕方

まずカテゴリーからものをクリックします。
その中からApple (りんご)をダブルクリックして決定します。

 

追加されたスプライトはステージ中央に配置されます。

scratch スプライトを新しく追加する

追加すると同時に、スプライトが選択された状態になります。
選択された状態のとき、そのスプライトに対してスクリプトのプログラミングができます。
画面の右上を見ると、選択中のスプライトの絵が表示されています。

 

それでは、りんごがクリックされたときの処理を作ります。

scratch クリックしたなどはイベント処理

イベントをクリックし、このスプライトがクリックされたときを移動します。

 

りんごはクリックされた後、落下させる必要があります。
落下ということはステージの下方向に移動することです。
移動を繰り返す処理を作ります。

scratch 条件付きで処理を繰り返す仕組み

制御をクリックし、( ) まで繰り返すを下に移動します。

今までに使ったことのある10 回繰り返すずっと(繰り返す)
選ばなかったのには理由があります。
りんごの落下は、決まった距離を移動する訳ではなく、ずっと移動させる訳でもありません。
ネコに当たるまで落下するというのが条件になるので、
その指定ができる( ) まで繰り返すを使うことにしました。

 

 

4. ネコに当たるまで移動させる方法

Scratch はスプライト同士が当たったかどうかを判別することができます
その機能を使って、ネコに当たるまでりんごを移動させる仕組みを作ります。

 

( ) まで繰り返すの中に条件を設定します。

ネコとりんごが当たるまでの処理

調べるをクリックし、( ) に触れた( ) まで繰り返すにはめ込みます。

( ) に触れたを移動してくるとはめ込むことができる場所で白い線が表示されます。
その場所にドロップして下さい。

 

( ) に触れたをびったりはめ込んだら、対象物を選びます。
今はりんごの処理を作っているので、当たり判定の対象物はネコになります。

scratch ものとものが当たった場合の処理

 

りんごを移動 (落下) させます。
ステージに対して上下する動きは、Y座標を操作します

scratch 何かに当たるまで移動させる

動きをクリックして、y座標を10ずつ変えるを移動します。

何かに当たるまでの移動処理

 

y座標を10ずつ変えると、りんごはステージの上へ移動します。
下向きに移動させたいときはマイナス(ー)の値を指定します
今回はー10に変更します。

scratch 下方向へはマイナスの値で指定する

 

実行してみましょう。
りんごをクリックしたら、落下してネコの頭の上で止まれば成功です。

画面が表示されない場合はここをクリック

 

 

次回に続きます。