初心者のためのゲームプログラミング入門

プログラミングとゲームの杜

初心者のためのプログラミング入門 & ゲームプログラムの作り方入門

子どもでもわかるSCRATCH入門

9.ふうせん割りゲームを作ろう その2

[ 8. ふうせん割りゲームを作ろう その1 ] の続きです。
風船の出現する場所を乱数で決める所まで作りました。

 

 

1. 風船を移動させる

風船はステージ下から現れるようにします。
出現するときの座標 (初期座標) を指定しましょう。

ゲーム作成講座

前回同様、風船をステージの下部へ移動し座標を確認します
だいたいy座標-260ぐらいなので、この値で設定しましょう。

クリックしてテストしてみて下さい。風船の頭が出ている状態で
クリックのたびに位置が変われば成功です。

 

風船がステージの上部まで移動する仕組みを作ります。

初心者ゲームプログラミング

制御カテゴリの10回繰り返すを移動します。
そして、10の所を40に変更します。

スプライトを移動させる方法

動きカテゴリのy座標を10ずつ変える40回繰り返すの中にはめ込みます。

以前、りんごを落下させる処理で説明しましたが、
y座標を増やしていくと上へ移動します。
10ずつの移動を40回繰り返す理由ですが、ステージの高さに合わせた結果です。
ステージの高さは360なのですが、風船を画面外に配置しているので
距離として400必要になるのです。

scratch ステージ構成

さて、組み上げたスクリプトをクリックしてみて下さい。
クリックするたびに風船がステージの下から上へ移動していれば成功です。

 

 

2. 風船の色を変える

絵の色を変える方法は2つあります。
・絵の色そのものを変更する
・違う色で描かれた絵を用意する

今回は違う色で描かれた絵を使うことにします。

 

スプライトにはコスチュームと言って複数の絵を持つことができます。
今使っている風船も3つのコスチュームを持っています。
次の方法でコスチュームを確認してみましょう。

scratch コスチュームの確認方法

スクリプトタブの横にあるコスチュームタブをクリックします。
するとコスチューム編集画面に切り替わります。

ここでは、新しいコスチュームを追加したり変更することが可能です。
それから、コスチュームにはそれぞれに番号と名前が付いていることを覚えておいて下さい。

 

風船の色を変えるのに、コスチュームを切り替える方法で行います。

scratch コスチュームを変更する方法

見た目カテゴリのコスチュームをxxxxxにするを移動します。

 

乱数を使って色を変える

演算カテゴリの乱数を移動します。
乱数の範囲は1から3に変更します。
これは風船のコスチュームが3つあるので、乱数を使って切り替えたいと思います。

 

ゲーム作成 入門

コスチュームをxxxxにするの中に乱数をはめ込みます。

コスチュームに番号が付いていたことを思い出して下さい。
発生した乱数と同じコスチューム番号のものに切り替わることになります。

 

scratch 絵を切り替える方法

初期配置の下にコスチューム変更を持ってきます。

テストしてみましょう。
組み上げたスクリプトをクリックするたび、ステージ下から風船が出現します。
このとき風船の色がランダムに切り替わっていれば成功です。

 

 

3. 風船を連続で出現させる

今回のように一定間隔で風船を出現させるルールならば、あらかじめ3つくらいの
風船スプライトを用意して使い回すことでこのゲームを作ることができます。
しかし、今後のゲーム作りのためにクローンというテクニックを使います。
とても便利なのでしっかり覚えましょう。

さて、クローンとは何か・・・
それは自分の複製を作る機能です。

これは絵をコピーするだけではありません。
見た目 (絵) と機能 (スクリプト)、どちらもオリジナルと同じになります

 

それでは、実行されたら自分のクローンを10個作る仕組みを作ります。

scratch クローンで自分の複製を作る

イベントカテゴリから、旗がクリックされたときを移動します。
次に制御カテゴリから、10回繰り返すを移動します。

 

scratch ゲーム入門

制御カテゴリから、自分自身のクローンを作るを移動します。
次に同じく制御カテゴリから、クローンされたときを出現スクリプトへ移動します。

これで実行直後に、風船は自分自身を10回クローンすることになります。
それでは実行してみましょう。

画面が表示されない場合はここをクリック

旗アイコンをクリックするたび、10個の風船が上へ移動すれば成功です。

 

次回に続きます。