初心者のためのゲームプログラミング入門

プログラミングとゲームの杜

初心者のためのプログラミング入門 & ゲームプログラムの作り方入門

子どもでもわかるSCRATCH入門

7.Scratch (スクラッチ) の初歩 その2

[ 6. Scratch (スクラッチ) の初歩 その1 ] の続きです。
前回は、りんごをネコまで落下させる仕組みまで作りました。

 

 

1. 覚えておきたい操作テクニック

複数のスプライトを使うようになったら、スプライトの一覧が表示されるエリアを
意識するようにしましょう。

scratch スプライト一覧エリアの使い方

ステージの下にあるエリアに、スプライトの一覧が表示されてます。
右上の角には、現在編集中のスプライトが表示されてます。

編集したいスプライトを決めるには、
スプライト一覧エリアで目的のスプライトをクリックします。

 

もう1つ、よく使うテクニックです。
スクリプトはクリックすると即実行される、というものです。

スクリプトはクリックすると即実行される

例えば隠すをクリックした場合、編集中のスプライトがステージから見えなくなります。
りんごが編集中なら、りんごが見えなくなります。

スクリプト編集エリアも同様です。
クリックしたスクリプト (連結されているものも含む) のみが実行されます。

scratch クリックして即実行

製作中、部分的に処理を確認したいときなどに有効です。

 

 

2. りんごを隠す

前回、りんごがネコに当たるまでの処理を作りました。
りんごはネコの頭の上で止まっているので、手動で元の高い位置に戻します

りんごがネコに当たったら、りんごが消えるようにしましょう。

scratch スプライトを非表示 隠す

見た目をクリックして、隠すを移動します。

これで実行すると、
りんごをクリックすれば落下して、ネコに当たったとき消えます。

 

 

3. りんごの初期設定

この講座を読みながら一緒に作っている人には分かると思いますが
一度実行するとりんごが消えたままです。
再度、旗アイコンをクリックしても、ネコが「りんごをクリックしよう」と言うだけです。

通常、何度も実行(プレイ)されることを想定して制作します
ゲームであれば、いつプレイしても同じステージ構成で遊べるようにするのが一般的です。

という訳で、実行 (旗アイコンをクリックした) したら
りんごはネコの頭上に表示する仕組みを入れます。
この仕組みのことを初期設定といいます。

 

初期設定を行う

イベントをクリックして、旗がクリックされたときを移動します。

 

初心者向けのプログラミング入門

動きをクリックして、y座標を0にするを移動します。

このままでは、実行後にりんごはy座標0の位置に表示されてしまうので
y座標を 100 の位置に変更します。

上下の位置はy座標で指定する

 

消えたりんごを表示するようにします。

再度実行したときのことを考えて初期設定する

見た目をクリックして、表示するを移動します。

 

それでは実行してみましょう。

画面が表示されない場合はここをクリック

 

一度消えたりんごが、実行のたびに表示されるようになりました。

 

 

4. メッセージ交換の機能とは

さて、この作品の重要ポイントです。

りんごがネコに当たったとき、りんごを消します。
さらに、ネコに当たったことを知らせる必要があります。
このとき [ メッセージを送る ] [ メッセージを受け取る ] という機能が必要になります。

流れとしては次のようになります。

メッセージのやり取りでタイミングを合わせる

メッセージを交換しないで作ることもできますが、その場合
ネコにも当たり判定が必要になったり、ネコとりんごの処理タイミングがずれたりする
可能性があるため、おすすめできません。

 

りんごに、メッセージを送る処理を追加します。

メッセージを交換してタイミングを合わせる

イベントをクリックして、message1 を送るを移動します。

 

ネコのスプライトを編集します。ネコに切り替えてください
メッセージを受け取る処理を追加します。

だれでもわかるプログラミング入門

イベントをクリックして、message1 を受け取ったときを移動します。

 

メッセージを受け取ったネコに「ありがとう」と言わせます。

scratch メッセージを送ってタイミングを合わせる

見た目をクリックして、Hello! と言うを移動します。
表示する内容を「ありがとう」に変更します。

 

最後にネコが鳴くようにします。

scratch 音の出し方

をクリックして、meow の音を鳴らすを移動します。

 

これですべての作業は終了です。
自分で作ったものが下と同じ動きをするかチェックしてみましょう。

画面が表示されない場合はここをクリック

 

 

今回使ったスクリプトを理解する為に、いろいろと変更してみましょう。
例えば、りんごの他にボールも表示させて
ボールがネコに当たったら「痛い」って表示させるなど。
(このとき、りんご用とボール用の2種類のメッセージが必要になります)