初心者のためのゲームプログラミング入門

プログラミングとゲームの杜

初心者のためのプログラミング入門 & ゲームプログラムの作り方入門

子どもでもわかるSCRATCH入門

11.ふうせん割りゲームを作ろう その4

[ 10. ふうせん割りゲームを作ろう その3 ] の続きです。
風船を1つずつ表示させて、変数を登録する所まで説明しました。

 

 

1. 残り時間を設定する

今のままでは10個の風船が出現するだけなので
15秒間、1つずつ風船が出現するように変更します。
前回作ったのこり時間変数を使って管理します。

のこり時間変数を始めに15に設定して、1秒ごと1ずつ減らしていきます。

変数を使ってのこり時間を管理する

データカテゴリから得点を0にするを移動します。
※変数を作った順番によって、得点と表示されている所が違うかもしれません。

 

変数をのこり時間に設定して、値を15にします。

初心者 変数の使い方

作ったブロックは画像の位置にはめ込みます。

 

のこり時間がある間は繰り返す、という処理の形を作っていきます。

のこり時間を気にしながら処理を続ける

制御カテゴリから( )まで繰り返すを移動します。
次に、演算カテゴリから2つの値が等しいかを移動します。

 

のこり時間が0になるまで繰り返す、という条件を作ります。

簡単プログラミング

データカテゴリからのこり時間変数をはめ込みます。
もう片方に0を入力します。

 

カウントダウンしていくようにします。

プログラミングの基礎力をアップさせる

これでのこり時間が0になるまで1ずつ減っていく仕組みができました。

 

10回繰り返すだった処理を、のこり時間が0になるまで繰り返すに差し替えます。

ゲームの作り方

実行してみて下さい。
15秒からカウントダウンして0になったら風船が出なくなります。

 

 

2. 得点を加算する

風船をクリックできたら得点になるようにします。
得点変数を使う前には初期化(この場合だと0にする)が必要になるので注意して下さい。

得点を加算する仕組み

データカテゴリから得点を0にするを移動します。
これが初期化です。変数名が得点では無い場合、のこり時間の処理を思い出して
対応しましょう。

次に、得点を1ずつ変えるこのスプライトがクリックされたときの下に入れます。
これで風船がクリックされた時、得点が入るようになります。

 

 

3. ゲームオーバーを表示する

ゲームオーバーを表示します。
ゲームオーバーを表示する専用の仕組みを作ると面倒なので、
今回は風船スプライトに言わせたいと思います。

クローンされた風船は移動後に削除してしまうので、オリジナルの風船を使います。

ゲームオーバーの処理を作る

動きカテゴリからx座標y座標の指定を移動します。
そして、x座標は0、y座標は-75に設定します。

次に見た目カテゴリから表示するを移動します。
続けてHelloと言うを移動します。
移動後、「ゲームオーバー」に変更しましょう。

 

これで一通りの作業はすべて完了です。
実行してみましょう。

画面が表示されない場合はここをクリック

 

 

4. バグ取りをする

プログラム上の不具合をバグと言います。
ゲーム制作の現場では、仕様上や絵の欠陥についてもバグと呼んでます。

そしてバグ (不具合) を修正する作業のことを「バグを取る」と言います

大抵の場合、プログラムにはバグがあります。
バグの無いプログラムを組むこともできるのかもしれませんが、
きっとどこかにバグがあるのだろう
といつも思いながら作業している方が、結果的にバグの少ないプログラムになると思います。

 

さて、今回のゲームにもまだ大きなバグがあります。
プレイしてみて気が付いたでしょうか?

ゲームオーバー表示中の風船をクリックしてみて下さい。
そう、得点が入ってしまいます
ゲームオーバーになったらクリックしても得点が入らないようにします。

バグとは何か

制御カテゴリからもし ( ) ならを移動します。
演算カテゴリから ( ) > ( ) を移動します。
のこり時間変数をはめ込みます。そして比較値として0を入力します。

この条件式はのこり時間が0以上なら実行するという意味です。
つまり、ゲームオーバー(のこり時間が0)の時には実行されません。

 

これをクリックされた時の得点加算の処理へ当てはめます。

初心者 プログラム入門

これでのこり時間があるときに限り、得点が加算されるようになりました。

 

 

5. プログラムを改造しよう

これにて「ふうせん割りゲームを作ろう」は終了です。お疲れ様でした。

他人の作ったプログラムを解析するだけでも勉強になりますが
改造を行うと、もっと深く理解できるようになると思います。

例えば次のような改造をしてみましょう。

・1秒間の風船の出現数をもっと増やす
・風船をクリックした時に割れる演出を入れる
・風船の大きさをまばらにする
・ゲームオーバー時、得点にあわせたメッセージを表示する
・鳥なども出現させて、間違えてクリックしたら減点にする

などなど挑戦してみましょう。