初心者のためのゲームプログラミング入門

プログラミングとゲームの杜

初心者のためのプログラミング入門 & ゲームプログラムの作り方入門

文系でもわかるBASIC入門

10.知っていると便利なこと

今回はプログラムの組み方ではなく、知っていればプログラミング作業の助けなる手法を
説明していきます。

 

1. PRINT命令は?で代用

PRINT命令(クエスチョンマーク)で代用することができます。
行番号を付けないダイレクトモードの時など、?だけ付けて計算機として
活用できます。

basic printは?で代用できる

上の画像を見てもらえば分かりますが、行番号を付けるプログラムモードでも使えます。
?で入力してもLIST命令を実行するとちゃんとPRINTに変換されてます。

 

2. LIST命令の使い方

LIST命令はパラメータを付けずに実行するとすべての行を表示しますが、
行番号を付けることにより表示する範囲を指定することができます。

使い方 動 作
LIST LIST すべての行を表示
LIST 行番号 LIST 30 行番号 30 を表示
LIST 行番号-行番号 LIST 20-50 行番号 20 から 50 までを表示
LIST 行番号- LIST 30- 行番号 30 から後ろを表示
LIST -行番号 LIST -30 行番号 30 から前を表示

 

3. REM命令は ’ で代用

REM命令(アポストロフィ)で代用することができます。
一般的にアポストロフィはSHIFT+7キーで入力します。

basic remはアポストロフィで代用可能

 

4. AUTO命令で行番号入力の手間を省く

プログラムを入力する時AUTO命令を実行させると、行番号を自動的に発生させることが
できます。

AUTOを中止してコマンドモードに戻るには、行番号が表示された後、何も入力せず
Enterキーを押して下さい(空打ち)。

CTRL+CキーやESCキーを押しても中止します。ただ、この方法ではときどき
動作が不安定になる場合があります。

AUTO [行番号] [,増分]

AUTO命令の後に行番号を指定すると、その番号から始まります。
通常、自動で発生する行番号は10ずつ増えていきますが、この増分を指定することも
可能です。

 

5. RENUM命令で行番号をきれいに

RENUM命令を実行すると新しく行番号が付け直されます。

basic renumで行番号を新しく付け直す

上の画面では、行番号の間隔が不ぞろいだったものをRENUM命令を実行して
行番号100から始まり10間隔になっています。
パラメータの指定方法は次のようになっています。

RENUM [新行番号] [,旧行番号] [,増分]

パラメータを何も指定しないと、行番号10から10間隔で新しく付け直されます。

basic renum 行番号を付け直す

上のように、行番号の途中から指定することも可能です。

 

6. プログラムにラベル名を付ける

プログラムの中に任意の文字列でラベル名を指定することができます。
GOTO命令を使ってジャンプする時や、IF命令で分岐させる時に使うと便利です。

basic ラベル名の使い方

行番号20にラベル名を付けています。
ラベル名としての条件で、先頭1文字は必ず英文字を使用して下さい。
そしてラベル名であることを表す(アスタリスク)を必ず文字の先頭に付けます

上の例では、行番号60 でGOTO命令に行番号を指定せず、ラベル名*LOOP
指定しています。
この記述で、行番号60 から行番号20 へジャンプします。

 

下の画像は、IF命令で使う場合などの例です。まずはラベル名を使わないプログラムです。

basic 行番号を指定してジャンプ

ラベル名を使った同じ内容のプログラムです。

basic ラベル名を指定してジャンプ

このように使うと、ラベル名自身がコメントの役割も果たすので便利です
ただ、今回の例のように短いプログラムなら無理に使わないほうが見易いと思います。