初心者のためのゲームプログラミング入門

プログラミングとゲームの杜

初心者のためのプログラミング入門 & ゲームプログラムの作り方入門

文系でもわかるBASIC入門

3.はじめてのBASIC

それでは早速 MBASIC86 をさわってみましょう。
MBASIC86 を起動すると次のように画面の左上で四角いマスが点滅しています。

初心者プログラム入門

これがカーソルです。
このカーソルが点滅していることはコンピュータが
この場所で入力を受け付けています
という合図です。
コンピュータが処理中で入力を受け付けていない時は、カーソルは表示されません。

 

1. コンピュータに命令する

それでは適当に文字を入力してみて下さい。
入力の最後にはEnterキーを忘れずに押して下さい。

Enterキー を押した直後に
Syntax error in 1
と表示されます。
これは「理解できない命令です」という意味のエラーメッセージです。

次に「hello」と入力して下さい。
これもエラーになります。

BASIC初心者講座

基本的にコンピュータが理解できる言葉は決められていて、それ以外の言葉を
使うとエラーになります。

「CLS」と入力してみて下さい。小文字でもかまいません。

basic画面をクリアする命令cls

画面がクリアされてOKが表示されました。
「CLS」とは画面をクリアする命令だったのです。

CLS命令は今後たびたび使うので覚えましょう。

 

2. PRINT命令で出力する

PRINT命令は画面に出力する命令です。
出力するとは画面に表示することです。
ちょっと面倒ですが「出力する」という言葉に慣れて下さい。
理由は別の機会に説明します。

それではPRINT 7と入力して下さい。
小文字でも構いません。
PRINTと7の間にはスペースを必ず入れて下さい

間違いなく入力できていれば7がすぐ下に表示されます。
これはPRINT命令を使って7を出力したことになります。

PRINT命令を使って計算もできるので次の画面を参考に色々と試して下さい。

basic print命令で表示する

print 3*5に注目して下さい。
3と5の間のアスタリスク「*」は乗算(掛け算)を意味します。
コンピュータ言語の世界で乗算はアスタリスクを使うことが一般的になってます。

 

3. 四則演算の優先順位

コンピュータが計算を行う時、決められた順番で行われます。
四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)においても優先順位があります。

次の画面を見て下さい。

Basic 四則演算の優先順位

足し算より掛け算の方が、優先順位が高くなっています。
(掛け算を先に計算してから足し算を行っています)
基本的に掛け算・割り算は、足し算・引き算より優先が高いのです。

この優先順位を変えたい場合には、カッコ()を使います。
カッコで括られた計算を先に行う決まりになってます。

(3+5)*2 では、3+5 の計算を先に行い、次に2を掛けています。

ここで注意です。
今後、四則演算を混ぜて計算する時、優先させたい部分にカッコを付けるように
しましょう。
例えば・・・

2*3+4*5
(2*3)+(4*5)

この2つの計算は同じ結果となりますが、カッコを使った計算式を使うようにします。

同じ結果ならカッコを付ける意味がないと思うかもしれません。
ただ、プログラミングをしていると
思っている結果と違う動き方をする
という状況を経験すると思います。
そんな時に有効なのが、間違えている場所が見つけ易いプログラムであること
なんです。

プログラミングを学習する段階から意識していると、今後絶対に役に立ちます。