初心者のためのゲームプログラミング入門

プログラミングとゲームの杜

初心者のためのプログラミング入門 & ゲームプログラムの作り方入門

文系でもわかるBASIC入門

6.行番号の扱い方

引き続き行番号について説明します。
プログラミングを覚えるには試してみるのが一番です。
説明内容の確認を実際に行いながら進みましょう。

 

1. 行番号を追加する

プログラミングの作業では、途中でプログラムを変更したりすることが多々あります。
まずはプログラムを追加する方法です。

basic 行番号を追加する方法

画面の内容を実際に入力しながら説明を確認しましょう。

はじめに行番号 10,20 の命令を入力します。
そして、LIST命令を実行してきちんと記録されているか確認します。
続いて、RUN命令を実行します。
問題が無ければ画面のように出力されます。

次に行番号 15 の命令を入力します。
LIST命令をしてみると行番号 10,15,20 と並んで出力されるのが
確認できると思います。

このことから、
プログラムを入力(記録)した順番ではなく、行番号の小さい順に管理される
ことがわかると思います。

 

2. 行番号を削除する

いらなくなった行番号を削除する方法です。

basic 行番号の削除方法

削除はDEL命令を使います

使い方 動 作
DEL 行番号 DEL 30 行番号 30 を削除
DEL 行番号-行番号 DEL 20-30 行番号 20 から 30 までを削除
DEL 行番号- DEL 30- 行番号 30 から後ろを削除
DEL -行番号 DEL -30 行番号 30 から前を削除

削除してしまうと戻せないので、大量に消す時はハードディスクに保存してから
行いましょう。

 

3. 行番号の内容を変更する

行番号に書かれている命令そのものを変更することもできます。

basic 行番号のプログラムを変更する

この画面を見ても分かりづらいのですが、行番号 15 の内容が変更されてます
やり方としては、変更したい箇所へカーソルを移動します
カーソルを動かすには、キーボードのカーソルキーを使って移動させるか
マウスにより該当する箇所を直接クリックしても移動できます。

直したい部分を変更します。
変更後、カーソルを変更した行にのせたまま Enterキーを押します

これで変更できました。何もない行へカーソルを移動して
LIST命令で変更されているか確認してみて下さい

以上が行内の一部分を変更したい時にする方法です。

一行すべてを変更したい時は簡単です。
次の画面のように、変更したい行番号に新しい命令を入力するだけです。

basic プログラムを修正する方法

つまり同じ行番号で入力すると、新しい命令で上書きされるのです。

 

4. BASICはインタプリタ

次の画面を見て下さい。

basic はインタプリタ方式

画面を上から見ていくと、まず4行のプログラムを入力しています。
LIST命令で内容を表示しています。

そして、RUN命令でプログラムを実行したのですが途中で止まってしまいました。
行番号10と20は実行され、30で Syntax error in 30 というエラーが発生。

エラーの内容は「理解できない命令です」という意味です。
よく見るとPRINTのスペルがPPPRINTになっています。

当たり前によくある何気ない状況なのですが、ここにこのBASICの特徴が出ています

コンピュータは自分に理解できるようにプログラムを変換する必要があるのですが、
その変換作業を実行と同時に行っています。
つまり、1行ずつ変換しては実行することを繰り返しているのです

この方式をインタプリタといいます。

インタプリタのいい所は、プログラムを入力してすぐに実行できることと
エラーが発生するまで動いてくれる所です。

このインタプリタに対しコンパイラというのがあります。
コンパイラでは、プログラムの変換を一括で行います。
エラーも無く変換が成功していれば実行ファイルが作成され、やっと実行することが
可能になります。