初心者のためのゲームプログラミング入門

プログラミングとゲームの杜

初心者のためのプログラミング入門 & ゲームプログラムの作り方入門

文系でもわかるBASIC入門

4.BASICの基本を学ぼう

MBASIC86を起動して下さい。
前回の続きで四則演算を試してみましょう。

1. 割り算のルール

BASICで割り算をする時には、÷を使わずに/(スラッシュ)を使います。
大抵、キーボードの右下あたりに有ります。

basicの割り算

ちなみに、掛け算の(アスタリスク)も近くに有ります。
アスタリスクは Shift キーを押しながら*キーを押すと入力できます。

次の画面を参考にいろいろと試して下さい。

basicで割り算をする時の注意

print 8/3のように割り切れない場合、答えは小数点で表示されます。
小数点以下の桁数には限界があるので、四捨五入されています。

print 5/0に注目して下さい。

Division by Zero (/0) in 1
というエラーが出ています。
これは「ゼロ(0)で割ることはできません」という意味のエラーメッセージです。

 

2. ツールバーとファンクションキーの使い方

ここで少しツールの使い方についての説明をします。
CLSと入力しEnterキーを押すことで画面をクリアできますが
ツールバーを使ってもクリアできます。

MBASIC86のツールバーを使う

ツールバーの真ん中あたりにあるCLSボタンをクリックしても画面がクリアされます。
他のボタンについてはまた後で説明します。

次は、画面下にあるprintと表示されている部分をクリックしてみて下さい。

MBASIC86ファンクションキーの使い方

画面にprintと入力されましたね。
今までキーボードから1文字ずつprintと入力していましたが、ファンクションキーを
クリックしても入力できます。

試しに、キーボードのF8キーを押してみて下さい。
printと入力されたでしょうか?
使っているパソコンの環境によっては、入力されない場合もあります。
入力できた人は、今後1文字ずつ打ち込まずF8キーを使うと便利です。

 

3. 文字列の表示

日常の会話で「文字列」なんて言葉は出てこないと思いますが
プログラミングの世界ではよく使います。

大雑把に言ってしまうと、コンピュータが扱えるものとして数値文字列があります。

今まで print 命令で計算していた数は数値と呼びます。
これに対し、文字数字で構成されているものを文字列と呼びます。

print 命令で文字列を扱う時にもルールがあるので、次の画面を参考に色々と試して下さい。

MBASIC86 で文字列を表示する

print helloを見て下さい。出力結果がゼロ(0)になってます。
この理由は別の機会に説明します。

次のprint "hello"を見て下さい。helloと出力されています。

print 命令のルールとして
文字列を表示させたい時には " (ダブルクォーテーション)で囲みます。

ダブルクォーテーションで囲むことで「これは文字列です」と指定しているのです。

文字列と文字列の間を,(カンマ)を入れると、間にスペースが入ります。
文字列と文字列の間に;(セミコロン)や+(プラス)を入れると、文字列が
つながって出力されます。

間に-(マイナス)を入れるとSyntax error(理解できない命令)というエラーになります。

下から3行目のprint "hello""hi"を見て下さい。出力結果がhello""hiになってます。
これはダブルクォーテーションが文字列として認識されてしまったのです。

 

カンマやセミコロンの使い方にも意味があるのが、プログラミングの特徴だと思います。
なんども試して使い慣れて下さい。

MBASIC86 文字列の表示