初心者のためのゲームプログラミング入門

プログラミングとゲームの杜

初心者のためのプログラミング入門 & ゲームプログラムの作り方入門

Processing 入門

6.プログラミングの基礎

 

Processing をインストールしてそのままならば Java モードになっています。
当サイトではこのモードでの学習を行います。


processing 入門 プログラムの基礎

 

 

コンソールへ出力してみよう

手始めにコンソールへ出力してみましょう。
println () を使います。

 

コンソールに出力

 

この例ではグラフィックの描画を行っていないので、なにも表示されてないウィンドウが
開きます。次の作業に入る前に停止させましょう。

 

 

絵を描きたいだけだから必要ないかも・・・
と思う人もいるでしょう。しかし、知っていれば便利なので覚えましょう。
かっこの中で計算することもできます。
それから print () を使うと改行せずに出力されます。

 

print では改行しない

 

 

文字列について

println で文字を表示していますが、ここにはルールがあります。
そうです、文字を表示するときにはダブルクォーテーションで囲みます。

ダブルクォーテーションはキーボードの2のキーにあります。
漢字だけではなく、アルファベットや数字でもダブルクォーテーションで囲めば
すべて文字列としてあつかわれます。

 

文字列とは何か

 

 

文字列は+でつなげることができます。

 

文字列は+でつながる

 

 

+を使うときの注意です。
文字列と数値をそのまま+するだけでは、すべて文字列としてあつかわれます。
もし、計算をしたいのであればかっこで囲みます。

 

文字列と数値を合わせて使う時の注意

 

ここはプログラミングの難しい部分ですね。
とにかく計算したいのであれば、かっこの中で行うと覚えればいいでしょう。

 

 

変数について

変数とはデータを入れておくための入れ物です。
プログラミングするときには欠かせないものです。

 

変数とはなにか

 

 

変数にも色々ありますが、まずは2つの変数を覚えましょう。

・int :整数のみ
・float:小数点あり

変数は使う前に宣言をしなければなりません。
次の例では、変数 a と b を宣言しています。
同時に変数 a には 123 を代入しています。(中に入れることを代入といいます)
変数 b には 222 を代入しています。

 

変数とは

 

println によって出力された結果に注目してください。
変数の内容が表示されています。
ただ、このような例では変数の役割は分からないですね。
今後、実際に使いながら変数のしくみを覚えていきましょう。

 

 

コメントを入れよう

プログラムにはコメントを入れるようにしましょう。
どんな処理をしているのか、後から見ても分かるように書きます

コメントを入れる理由ですが、
・プログラムが上手く動かないとき
・後からプログラムを修正するとき
などに役立つからです。

コメントはとても大切なものです。
数ヵ月後、自分で作成したプログラムを開いてみて、コメントから内容が
理解できるか試してみましょう。
そして、どんな書き方が有効なのか調べてみてください。

 

 

コメントの書き方ですが、//(スラッシュを2回)を使います。
また、/* */ (スラッシュとアスタリスク)で挟んだところもコメントになります。

 

コメントの書き方

 

 

コメントで使うスラッシュ( / )とアスタリスク(*)のキー位置です。

 

コメントにはスラッシュで

 

 

繰り返してみよう

コンピュータは繰り返して同じような処理をするのが得意です。
繰り返しの方法はたくさんありますが今回は for を使ってみましょう。

とりあえず、次のプログラムを入力し実行してみましょう。

 

繰り返し for の使い方

 

0から5までの数値が表示されましたか?
これは変数 i の内容が0から5へ1ずつ増えながら繰り返し処理されたのです。
i < 6 とは変数 i が6より小さいか調べています。

 

for 文が面白いのは3つの設定を1行で書けるところです。
左:変数の宣言と初期化を行う
中:繰り返しを続ける条件を指定
右:状態を変更する(例:変数を増加させたりする)

 

for 文のしくみ

 

 

プログラムに慣れてくると、色々と便利に使える命令です。
もう1つ、基本的な例を見てみましょう。

 

for 命令の例

 

変数 i を 10 から 90 まで 10 ずつ変化させて線を引いています。
i++ では1ずつ増えましたが、i +=10 とすると 10ずつ増えます。