初心者のためのゲームプログラミング入門

プログラミングとゲームの杜

初心者のためのプログラミング入門 & ゲームプログラムの作り方入門

Visual Basic 2017 入門

14.ハイ&ローゲームを作ろう その7

 

今回は [ ハイ&ローゲームを作ろう その6 ] の続きです。

長い説明になってしまいましたがもう少しで終わります。がんばりましょう。

 

 

乱数とは

乱数とは、不規則な数、ランダムな数のことです。
ゲーム制作ではよく使うので覚えましょう。

さっそく乱数を使ってみます。
次のサンプルを入力して実行してください。(乱数の結果は画像と異なります)

 

vb 乱数とは

 

 

Dim Rand As New Random

この行そのまま乱数を作るための準備として覚えてください。
Rand 部分は好きな名前でかまいません。

Form1_Load 内にサンプルを用意しました。
.Next() を付けることで乱数を発生させることができます。
また()内にパラメータを指定することで範囲が変わります。

 

指定のしかた 乱数の範囲
Next( ) 0~2147483647
Next( 最大値 ) 0 から 最大値未満
Next( A, B ) A 以上、B 未満
NextDouble( ) 0 以上 1 未満の少数

 

パラメータを変更しながら実行を繰り返してみてください。
そして、乱数の範囲が表と同じなのか確認してみましょう。

 

 

1から9までの乱数を作ろう

題材のゲームでは、1から9までの乱数をコンピュータが作り
プレイヤーが5より大きいか、または、小さいかを当てるゲームです。
1から9までの乱数を作ってみましょう。

 

vb 乱数を発生させる

 

kazu = Rand.Next ( 1, 10 )

28 行目、変数 kazu に1から9までの乱数を代入しています。
この行の下の Console.WriteLine は、代入した乱数を調べるために用意しました。

 

実行してみて下さい。
出力ウィンドウに乱数の結果が表示されます。
この結果を見ながら HIGH と LOW ボタンを押して確認しましょう。

乱数が5以上のとき HIGH を押せば「あたり」LOW を押せば「はずれ」
乱数が4以下のとき HIGH を押せば「はずれ」LOW を押せば「あたり」
とラベルに表示されます。

 

 

隠している数を表示しよう

HIGH か LOW のボタンをクリックしたとき、答え合わせの意味で
隠している数を表示しましょう。
これは簡単ですね。
ボタンが押されたとき、変数 kazu の内容をラベルに表示するだけです。

 

vb 入門

 

 

実行してみましょう。
ボタンを押した瞬間、?のところに kazu の内容が表示されます。

 

vb 初心者にも分かる入門

 

 

 

文字サイズの変更

ラベルの表示が小さいので、文字のサイズを大きくしましょう。
デザイン画面の Label1 をクリックして、プロパティのフォントサイズを変更します。
なお、Label1 をクリックしてもプロパティが表示されないなら、
プロパティウィンドウもクリックしてみて下さい。

 

vb 文字サイズを変更する

 

Font プロパティのサブメニューを開いて、Size プロパティを9から 30 に変更します。
変更するとデザイン画面上の見た目も変わります。

 

 

実行してみましょう。
Label1 の文字サイズが大きくなりましたね。

 

vb フォントサイズを大きくする

 

 

 

文字の中央配置

Label1 を大きくしてから、?から数字へ切り替わるとき違和感があります。
これは Label1 が左寄せ表示になっているためです。
じっくり見ると分かるのですが、ボタンを押した瞬間に文字が左へずれます。
下図のようにボタンを押す前と押した後の画像を重ねてみると、
4の文字が左に寄っているのが分かります。

 

vb センタリングの仕方

 

 

これを回避するには、文字を中央配置する必要があります。
これには TextAlign プロパティを使います。
Label1 プロパティの中から TextAlign をクリックしてください。
右側にサブメニューを開くためのアイコンが表示されるのでクリックします。
すると寄せる方向を決める四角が9つ表示されるので、中央の四角をクリックします。

 

vb 文字のセンタリング

 

 

真ん中をクリックすることで MiddleCenter になります。
これで設定は中央配置になりましたが、実際には効果がありません。
有効にするには、AutoSize プロパティを False にします。
AutoSize は配置のところにあります。

 

vb サイズの自動設定を切る

 

 

これでサイズが手動設定になりました。
デザイン画面を見てください。手動設定の表示に切り替わります。

 

vb サイズの手動設定

 

 

 

手動でサイズを変更しよう

手動設定にしたため Label1 の表示領域が小さくなってしまいました。
これをフォントサイズに合わせた大きさにする必要があります。

Label1 を選択した状態でマウスカーソルを上部の真ん中に持ってきます。
そしてドラッグして大きさを広げます。
ドラッグとはマウスの左ボタンを押したまま移動することです。

 

vb 手動でサイズを変更する

 

 

領域を広げたら、位置を調整します。

 

ラベルの位置を調整する

 

 

これで完了です。実行してみてください。
?と隠された数の表示が、同じ位置になっていることを確認しましょう。