初心者のためのゲームプログラミング入門

プログラミングとゲームの杜

初心者のためのプログラミング入門 & ゲームプログラムの作り方入門

VisualBasic 2015 入門

6.エラーを体験してみよう

 

プログラムの中にバグ(間違い、不具合など)があると、IDE が
エラーメッセージを表示して教えてくれます。
(教えてくれないタイプのバグもあります)

プログラミングをしていると必ずと言っていいほどエラーが発生するので
一度体験してみましょう。

 

テスト用のプロジェクトを開こう

テストをするためのプロジェクトを開きます。
前回 [ はじめての VB プログラミング その3 ] のプロジェクトを使っても良いですし
新しくプロジェクトを作ってもいいです。

 

前回のプロジェクトを開く場合は
Visual Studio を起動して、最近使用したファイルから WindowsApplication1 を
クリックします。

 

vb プロジェクトの開き方

 

 

前回のままであれば、次の状態だと思います。
もしデザイン編集画面が開いていたら、コード編集のタブをクリックします。

 

テスト用のプロジェクトを作ろう

 

新しくプロジェクトを作った場合は MsgBox の行を入力して、上の画像と同じものを
作ってください。
プロジェクトの名前はどうでもいいです。

 

 

1文字変えて実行しよう

それではテストのために MsgBox を MsgBsk に変更してください。
o の文字を s に置き換えます。

すると、左側には黄色の電球マーク、MsgBsk の下には赤い波線が表示されます。
今はこれを無視して、開始をクリックして実行します。

 

エラー箇所にマークが付く

 

 

実行すると次のメッセージが表示されます。

ビルドに失敗したので前回のものを実行するか聞いてくる

これはエラーで実行できなかったから、代わりに前回のものを実行するかどうか
質問しています。
前回のものを実行しても意味が無いので「いいえ」をクリックします。

 

 

結局、ビルドは中断となり、IDE の左下には次のようにエラーが表示されます。

 

IDEの左下にエラー表示

 

 

エラーを修正しよう

今回、エラーを自分で仕込んだので何が起こっているのか分かっていると思います。
しかし実際は、どんなエラーどこで発生したのか見極める必要があります。
そして修正という手順になります。

まず、エラーの内容を確認します。
説明の所に「MsgBsx は宣言されていません」とあります。
これはほとんどの場合、スペルミスです。
そして右側にエラーの場所が表示されています。
この例では Form1.vb の3行目で発生しています。

 

エラーの内容を確認する

 

 

次はエラーの発生しているプログラムを見てみます。
MsgBsk の下の赤い波線は、バグがあることを示しています。
左側にある黄色の電球マークは、バグ修正の手助けをしてくれます。
( マークが表示されていない場合は、MsgBsk の所をクリックしてみて下さい )

電球マークをクリックしてみましょう。修正候補が表示されます。

 

エラーの修正候補が表示される

 

今回はスペルミスが原因なので「MsgBsx を MsgBox に変更します。」を
クリックします。
修正候補から選ぶことで、簡単に修正できますね。

 

修正が終わりバグがなくなると、電球や波線は消えます。
エラー一覧からもエラーメッセージが消えます。

 

バグの無い状態

 

 

今回、これでエラー修正は完了した訳ですが、エラーには色々あります。
上記の方法だけでは対応できないパターンも出てきます。
これからの説明の中で少しずつ対処方法を説明していきたいと思います。

 

 

IDE の使い方に慣れよう

IDE の機能を使えるようになればなるほど、作業が進め易くなります。
エラーが発生したときの使い方をもう少し説明します。

 

次のように MsgBox を3行作り、一番上と下の MsgBox を1文字変更して
エラーを仕込んでください。

 

IDEに慣れる

 

 

ここで右側のラインに注目してください。
見難いので拡大してます。

 

右側のラインに注目

 

エラーが発生している行には、赤いラインが付きます。
上の画像ではエラーが2箇所あることが分かります。

黒のラインはカーソルのある行です。
試しに3つある MsgBox をそれぞれクリックしてみて下さい。
クリックした行に黒のラインが移動します。

 

 

それではエラー一覧を見てみましょう。
出力の画面になっている場合は、左下のタグをクリックして切り替えます。

 

エラー一覧を表示する

 

 

エラー一覧では、エラーの説明の部分をダブルクリックすることで
エラーのある行にカーソルを移動することができます。
つまり、その行を中心とした表示になります。

 

エラー一覧からダブルクリックでジャンプ

 

それぞれのエラーの説明をダブルクリックして、カーソルが移動することを
確認してみましょう。
この機能は、プログラムが長くなったときも、バグが発生しているプログラム部分を
すぐに表示できるのでよく使います。