初心者パソコン入門

初心者のためのパソコン入門

パソコンに慣れていない人や、基礎的なことを知りたい人のために分かりやすく説明します

大文字と小文字の切り替え

パソコンで英文字を入力する時、大文字と小文字の2つのタイプがあります。

ABCDEFGHIJK 大文字
abcdefghijk 小文字

日常的に使われるのは小文字ですが、大文字による入力も可能です。

大文字と小文字を切り替える方法は [Shift] キーを押すとできます。

パソコン入門 大文字と小文字の切り替え

 

大文字、または、小文字を常に固定することも可能です。
[Shift] キーを押しながら [Caps Lock] キーを押して下さい。

パソコン入門 大文字と小文字の切り替え

[Shift] キーを押しながら [Caps Lock] キーを押すと、キーボード上のどこかのランプが
on/off すると思います。大抵は、点灯している時が大文字での入力となります。
※ ランプがない場合もあります。

小文字で入力していたら、気が付けば大文字になっていることもあると思います。
そんな時は、Caps Lock されてないか調べて見ましょう。

 

大文字と小文字を意識して使いましょう

通常、大文字でも小文字でも好きな方で入力していいのですが、IDを入力する時や
パスワードを入力する時
には大文字と小文字を意識するようにしましょう。

パソコンは人間ほど賢くはなく、ちょっとした違いでも許してくれません。

例えば名前の入力で yamada tarouYAMADA TAROU では別のものと
判断されることが多いのです。
※ どちらでもOKな場合もあります。

基本的には登録した時のタイプで利用します。

登録した時 利用する時
yamada yamada
YAMADA YAMADA
Yamada Yamada

パスワードの入力時には、入力中の文字が見えない場合がほとんどです。
エラーとなってしまう場合は大文字になっていないかチェックしてみましょう。

 

半角英数字と全角英数字にも注意しましょう

パソコンが別の文字として認識するものに半角英数字全角英数字があります。

ABCDE12345abcde 半角英数字
ABCDE12345abcde 全角英数字

上のように並べてみると違いが分かるのですが、IDやメールアドレスの入力時に
全角で打ち込んでいることに気が付かない場合も多いです。

エラーとなってしまう時は、全角になっていないか調べて見ましょう。

 

[ TOPページ ] に戻る