初心者のためのゲームプログラミング入門

プログラミングとゲームの杜

初心者のためのプログラミング入門 & ゲームプログラムの作り方入門

Visual C# 2017 入門

26.突破ゲームを作ろう

 

今まで作ってきたものは、ボタンをクリックするだけだったり
数値を入力するタイプのものでした。
今回は少しだけレベルを上げて、ちょっとグラフィカル(?)で
マウスを使ってゲームするものを作っていきましょう。

それから説明の内容は少しずつ省略していくので、分からなくなってきたら
前のページを読み返してみましょう。

 

 

どんなゲーム?

下図を見てください。
みどり色の四角をマウスで左右に動かし、クリックで発射します。
オレンジの壁に当たらないように発射するゲームです。

 

シューティングゲームの基礎的な要素を持っている

 

 

見た目は残念な感じですが次のことが学べます。

・マウス操作でキャラクターを動かす
・クリックで発射
・オブジェクトを一定間隔で動かす
・当たり判定

初歩的なものばかりですが、本格的なシューティングやアクションゲームでも
同じようなことをしています。
基礎を学ぶにはこれくらいシンプルなのがいいですね。

 

 

新しいプロジェクトを作ろう

新しくプロジェクトを作成してください。
名前はなんでもかまいません。

プロジェクトを作成したらタイトルを変更します。
Form1 の Text プロパティを「 突破せよ 」にします。ま、好きな名前でいいです。

 

タイトルを変更する

 

 

壁の絵を用意します。
今回は PictureBox を使います。
Form1 上に配置したら、左右がはみ出すように横長くしましょう。

 

picturebox を使って絵を描く

 

 

次に背景色をオレンジにします。BackColor プロパティを変更しましょう。
Web タブの中にある Orange を選択します。

 

背景色をオレンジ色に変更する

 

 

壁の隙間の絵を作ろう

壁の隙間(すきま)の絵を作ります。
隙間の絵を作るというのは、変な話ですね。
2つの壁を用意して、ちょっと離れた場所に配置すれば、それが隙間になります。
ですが、プログラムをより簡単にするため、隙間の絵を用意します。
この理由はあとで説明します。

 

先ほど作った壁の絵を複製します。コピー&ペーストで作りましょう。
そして、横幅のみを短くします。
次に1つ目の壁と重ねてください。

 

壁の隙間の絵を用意する

 

 

このままでは隙間にならないので、背景色を変えます。
BackColor を Control 色に変更します。
システムタブの中にある Control を選択しましょう。
これで Form と同じ色ですね。
実行してみれば壁の隙間という感じがはっきりと分かります。

 

form と同じ色にすることで隙間にする

 

 

プレイヤーの絵を作ろう

プレイヤーの絵を作ります。
隙間の PictureBox を複製しましょう。
そして BackColor を LimeGreen に変更します。
(web タブの中にあります)
色に関してですが、壁とプレイヤーの色は何でもかまいません。
ただし、隙間の色だけは Form と同じ色にする必要があります。

 

picturebox の複製してプレイヤーを作る

 

 

Size プロパティから幅(Width) 20、 高さ(Height) 30 に設定します。

 

picturebox の幅と高さを変更する

 

 

 

プログラムで使いやすいようにコントロールの名前(name プロパティ)を変更します。
プレイヤーは Player とします。
壁の隙間は Sukima とします。

 

コントロールの名前を変更する

 

これでゲームとしての材料は準備できました。