初心者のためのゲームプログラミング入門

プログラミングとゲームの杜

初心者のためのプログラミング入門 & ゲームプログラムの作り方入門

Small Basic 入門

18.すべて拾い集めようゲームを作ろう その5

 

すべて拾い集めようゲームを作ろう その4 ] の続きです。

 

クリアタイムを表示しよう

最後の仕組みとしてプレイ開始から終了までの時間を表示します。
より良いタイムを目指す、というようにプレイに目標がでてきますね。

 

クリアタイムを表示するプログラム

 

 

クリアタイムを計測する仕組みを見ましょう。

タイムを計測する

50行目で変数 lastTime にプレイ前の時間を代入します。
56行目、プレイ後の時間からプレイ前の時間を引いて、プレイに掛かった時間を
算出しています。
1000で割っているのは、ミリ秒から秒単位へ変換するためです。

 

サブルーチン gameover() 内の変更は、他の文字表示と同じです。

 

 

日付や時間を取得する方法

良い機会なので、日付や時間を取得する方法を覚えましょう。

 

日付や時間を取得する方法

 

見慣れた英語なので機能の説明は省きます。
覚えておきたいのは、日付を一括で取得できる Clock.Date と
年、月、日を個別に取得できる Clock.Year Clock.Month Clock.Day が用意されている
ことです。
時間についてもそれぞれ用意されています。
状況に合わせて利用しましょう。

 

 

デバッグメッセージをコメントにしよう

ゲームプログラムが完成したので、デバッグメッセージをコメントにします。
コメントにするタイミングは、今回のように最後ではなく
開発途中でも必要がなければコメントにするという感じでいいと思います。

 

デバッグ文をコメントにする

デバッグ文は必要が無くなったらコメントにしよう

 

67、73、82行目をコメントにしました。

 

 

プログラムを改造しよう

課題は終了です。お疲れ様でした。
もし、分からない所があったとしても、数日後にもう一度見直してみたら
何となく分かる、というようなこともあります。
あきらめずに理解できるようチャレンジしてみましょう。

 

さて、以前にも言いましたがプログラムは改造することで理解が深まります。
サンプルを入力するだけでなく改造を楽しみましょう。

・四角の数を50個に増やす
・制限時間を付ける。10秒すぎたらゲームオーバー
・ハイスコアの表示
・ハイスコアランキングの表示
・四角の他に丸も描画して、丸を触ったら+3秒ペナルティ

上記のような改造をしてみてはどうでしょうか。