初心者のためのゲームプログラミング入門

プログラミングとゲームの杜

初心者のためのプログラミング入門 & ゲームプログラムの作り方入門

Small Basic 入門

8.数当てゲームをつくろう

 

シンプルなゲームを作っていきましょう。
と言っても今までメッセージを表示することと、計算することしか説明していません。
ですから命令を1つずつ説明しながら進めていきます。

前にも言いましたが、サンプルプログラムを手で入力し実行ながら学習すること
強くおすすめします。
プログラミングは指先から覚えるもの、と私は思っています。

 

 

数当てゲームのルール

初めてのプログラムなので簡単にしました。

・コンピュータが1から9までの中で1つ数を決める
・プレイヤーに数を入力してもらう
・入力された数とコンピュータが決めた数が違うなら、もう一度入力してもらう
・数が同じなら「あたり」を表示する

こんな感じです。
処理の流れを図にすると次のようになります。

数当てゲームの作り方

 

 

TextWindow のタイトルを表示しよう

ゲームには関係ないのですが、とりあえずタイトルを表示します。
と言っても TextWindow のタイトルです。

TextWindow って何?
と思っている人もいるでしょう。
今までプログラムを実行したときに見た黒いウィンドウ画面が TextWindow です。

 

 

タイトルを表示するプログラムです。

TextWindow にタイトルを表示する方法

 

 

ちなみにタイトルを設定しないとファイル名が表示されます。

タイトルを設定しないとファイル名が表示される

 

 

乱数を決めよう

1から9までの乱数を決めます。

乱数を決める方法

 

 

乱数を作るには Math.GetRandomNumber() を使います。
1からカッコの中に指定した数までの中から1つ数を発生します。

次のプログラムを見てください。
カッコの中が9なので、実行のたびに1から9までの数をランダムに発生させます。

乱数を作る命令

 

 

別のサンプルです。
For 命令を使って繰り返し処理をしてみました。
数がランダムに発生したことが分かると思います。

ランダム命令を繰り返し行ってみた

For は初めての命令なので説明します。
For から EndFor までの間を指定した回数だけ繰り返します
For i = 1 To 10
このように記述した場合、10回繰り返されます。

 

 

1から 1000 までの乱数を作ってみます。
カッコの中を 1000 にするだけです。

ランダムに数を作り出す

実行結果は毎回異なります。

 

 

数を入力してもらう

次はプレイヤーに数を入力してもらう処理です。

ユーザーに数を入力してもらう処理

 

 

キーボードから数を入力してもらうには TextWindow.ReadNumber() を使います。

次のプログラムを見てください。

キーボードから入力する方法

実行すると、まず真っ黒な画面でカーソルが点滅します。
この命令は、数の入力が行われるまで待機状態になるのです。
数を入力して Enter キーを押すと処理が進みます。

 

 

カーソルが点滅しているだけでは、何がなんだか分かりませんね。
入力してもらえるようにメッセージを表示してみます。

メッセージを表示した後に入力を行う

実行すると、「数を入力してください。」のすぐ下でカーソルが点滅します。
入力が行われるまで待機となり
数を入力すると「入力した数は … です。」の表示になります。

 

 

ここまでのプログラム

ここまでの処理をプログラムにしてみます。

乱数を決め数を入力するプログラム

7行目以降は Debug(デバッグ) 文です。
プログラムがどのように処理されているか確かめるためのものです。
完成したときには消します。

今後プログラムを作るときに必ず使う技術です
覚えておきましょう。

 

 

プログラムを保存しよう

ここまでのプログラムを保存します。

プログラムの保存の仕方

 

 

保存の場所を決めて、ファイルの名前を入力します。
最後に保存ボタンをクリック。

ファイルを保存する場所を決める

これでプログラムが保存されました。

次回、このプログラムに残りの処理を追加していきます。